農家のはなれ

施主の祖父母、父母が代々米農家を営んできた広い敷地内に、施主夫婦と子供2人が東京からUターンする機会に、既存離れを解体しその場所に新たな「はなれ」を新築する計画である。

 

既存の離れが寄せ棟の平屋であったので、この敷地全体の佇まいの記憶から大きく違わないボリュームや外形を保ちながら、小屋裏空間になる部分を有効に利用して、伸びやかな空間と落ち着いた小さな空間を立体的に展開している。

 

農家の暮らしは自ら生産したものを消費する機会が多いので、台所空間がこの建物の中心となっている。母屋とは外部デッキでつながっており、その外部空間に玄関兼勝手口が大きく開放されている。

 

  Photo : 岩谷みちほ

TYPE  :  個人住宅

ROLE  :  建築設計監理

YEAR  :  2009

STATUS  :  竣工

LOCATION  :  茨城県筑西市

COLLABORATOR  :  大内建築設計事務所

STRUCTURAL DESIGN  :  佐藤孝浩

PRODUCTION  :   渡辺建工

© 2019 by meenaxy design